1. 債務整理トップ
  2. 過払い金の原因

過払い金返還請求

過払い金の原因

グレーゾーン金利

このことば,一度は耳にしたことがあると思いますが,要するに,みなし弁済(法律の穴を利用して罰せられないギリギリの部分まで金利を上げ),本来許されている金利より高い金利で貸し付けることなんです。

まず,利息というのは「利息制限法」という日本の法律により,

元本が10万円未満の場合 年2割(20%)
元本が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分(18%)
元本が100万円以上の場合 年1割5分(15%)

と,定められています。

ただしこの法律には罰則がなく,これ以上の金利を設定しても業者は罰を受けないのです。

では好き勝手に業者が金利を決められるんじゃないかというとそうでもなく,利息制限法のほかに「出資法」というものがあります。

これは出資金の受入れ,預り金,浮貸し,金銭貸借の媒介手数料,金利について規制する法律で,2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されるまでは,「金融業者は29.2%以上の金利をとったら処罰しますよ」という法律です。現在の出資法で決められた上限金利は20%で,グレーゾーン金利は撤廃されています。

※ちなみにこの出資法以上の金利を取る業者がいわゆる「闇金」です。

この「本当はいけないけど罰則がないから上乗せしている金利分」を「グレーゾーン金利」と呼んでいました。

【グレーゾーン金利 イメージ図】

メールでのお問い合わせはこちら

債務整理・借金問題のご相談は何度でも無料です