1. 債務整理トップ
  2. 任意整理とは

民事再生

民事再生とは

【民事再生】

民事再生とは借金の額がとても大きく返済が不可能な場合で,手放したくない財産(マイホーム等)がある場合,裁判所に借金を大幅に減額してもらう手続です。
2001年に施行された新しい制度のためまだ一般的な認知度は低いうえ,一定の条件

  1. ・住宅ローンをのぞく借金総額が5000万円以下
  2. ・安定した収入があり,将来的にも継続して支払える見込みがある

を満たしてなければ手続は行えません。

民事再生は,借金の20%程度を3年間で分割して支払います。
※この場合,住宅ローン等は借金総額に含まれません。
※ご自身の資産状況により,返済していく金額は20%を超えることもあります。

この借金の減額率は,借金総額によって変わります。

【借金の減額率】

借金総額返済額
100万~500万100万円
500万~1500万 借金総額の5分の1
1500万~3000万 300万円
3000万~5000万 借金総額の10分の1
※借金総額に住宅ローンは含まれない

この支払額を3年間で返済する事で,残りは免除となります。

【民事再生の特徴】

民事再生は自己破産と違い,資格制限により一定期間特定種の仕事ができなくなることはありません。
ギャンブルや浪費による借金であっても許可されます。

ただし,民事再生は,借金が全額免除される自己破産と違い,大幅に減額された借金を期間内に分割で払わなければならないので,継続的な収入見込みがなければできません。
ですが,住宅ローンを組んでいる場合など,それを手放さずに済むという利点があります。

この手続は個人でもできますが,手続のための書類が複雑かつ面倒なため,一人で行うのは困難です。

メールでのお問い合わせはこちら

債務整理・借金問題のご相談は何度でも無料です