1. 債務整理トップ
  2. 債務整理について

債務整理について

債務整理には,(1)任意整理・(2)民事再生・(3)自己破産・(4)特定調停といった主に4つの手続があります。また,既に払い終えた借入れに対しても,払い過ぎた利息を返還請求できる「過払い金返還請求」 という手続もあります。

任意整理

裁判所を利用しない債権者との和解

弁護士が債務者(借金をしている人)の代理人となり,債権者(消費者金融,サラ金など)と話し合いをして,借金の額を減額して返済する方法です。
今後の金利がなくなり,借金の総額と毎月の返済額を減額することができます。また,一部の借金だけ選んで整理することが可能です。

任意整理を詳しく解説

民事再生

マイホームを手放さずに,借金をだけをカットします

住宅などの資産を維持したまま住宅ローン以外の借金を減額し,原則として3年間で分割して返済していく債務整理の手続きです。減額後の借金を完済すれば,住宅ローン以外の借金については法律上返済する義務が免除されます。

民事再生を詳しく解説

自己破産

借金をゼロにして新しい生活を再スタート

自己破産は人生の終わりではなく,新たな人生を前向きに生きていくための制度です。債務者の収入・財産によって借金を返済することが著しく困難であること(これを「支払不能」といいます)を裁判所に認めてもらい,法的に借金をなくしてもらう手続きです。

自己破産を詳しく解説

特定調停

裁判所による任意整理

借金の返済が滞りつつある債務者の申立により,簡易裁判所が,債務者と債権者の話し合いを仲裁し,返済条件の軽減等の合意が成立するよう働き掛け,債務者が借金を整理して生活を立て直せるよう支援する制度です。

特定調停を詳しく解説

債務整理の種類別比較表

任意整理 民事再生 自己破産 特定調停 過払い金
手続後の返済 原則,残高を3年以内に分割支払 残高を3年以内に分割支払 無し 残高を3年以内に分割支払  
財産の処分 処分しなくてよい 処分しなくてよい 私財は全て処分 処分しなくてよい  
債権者の同意 必要 場合により必要 必要なし 必要 場合により必要
資格制限の有無 無し 無し 有り 無し 無し
不許可事由 無し 無し 有り 無し 無し
信用情報機関への登録 原則5年間を超えない期間 5年~10年 5年~10年 原則5年間を超えない期間 完済後の請求は載りません。
※そうでない場合は,原則5年を超えない期間
官報への掲載 無し 有り 有り 無し 無し

どの方法が適しているかは,借金の額,状況,返済能力でそれぞれ変わってきますが,どの方法においても手続をすることでただちに取立,支払を止めることができます。

あなたに合った債務整理を選ぶためには,弁護士とよく話し合って決めることが,もっとも早く,もっとも簡単です。

メールでのお問い合わせはこちら

債務整理・借金問題のご相談は何度でも無料です