1. 債務整理トップ
  2. 特定調停とは

特定調停

特定調停とは

【特定調停】

借金の返済が困難になった本人が申立人となり,債権者との間で借金の返済に関する話し合いをするために,債権者を相手方として,各地域の簡易裁判所に申し立てる手続のことです。

とは言っても,専門的な分野の知識がない状態で債権者と話し合いをすることもできないので,調停委員という専門的な知識を持つ人が間に立って話し合いを進めていきます。

【借金整理の方法】

債務整理の方法は任意整理と同じく,引き直し計算をして,減額・分割弁済などを債権者と話し合います。
減額した借金は3~5年の期間内で分割返済となりますが,この借金に利息はつけないのが通常です。

【特定調停の特色】

特定調停はかかる費用が安いです。ただし,特定調停には問題点もあります。
特定調停とはあくまで「話し合い」であるため,話し合いで合意できなかったり相手(金融会社)が応じなかったりすると,調停不調(不成立)になってしまうのです。この場合は借金の整理は行われません。

また,特定調停で成立したことは確定判決と同程度の強制力をもちます。
もしも約束した支払条件を守らなかったり,支払が遅延した場合,財産の差し押さえなどがあります。

【過払い金に関して】

過払い金に関しては,特定調停では返還されないことが多いのです。後日改めて過払い金を取り戻すための手続をしなければならないので,もし過払い金が発生している場合は,特定調停ではなく任意整理を行うのが良いと思います。

メールでのお問い合わせはこちら

債務整理・借金問題のご相談は何度でも無料です