1. 債務整理トップ
  2. 特定調停のメリットデメリット

特定調停

特定調停のメリット・デメリット

メリット

  • ・申立をすると,以後債権者は直接あなたに請求をすることができなくなります。また,免責が決定するまでの間,支払を止めることができます。
  • ・申立費用が安くすみます。

デメリット

  • ・信用情報機関に事故情報として登録されるため,一定期間(5年程度)は新たな借入をすることやクレジットカードを作成したり,保証人になることが難しくなります。
  • ・強制力がないため,債権者が応じない場合・調停員が出した条件に強固に反対した場合は,特定調停は成立しません。
  • ・調停成立後に返済が滞れば,債権者は訴訟を提起することなく給与の差し押さえ等,強制執行手続に及ぶことができます。

メールでのお問い合わせはこちら

債務整理・借金問題のご相談は何度でも無料です